借金と弁護士

借金と弁護士

多重債務になると夜も寝れない

 

 

多重債務者は非常に大きな悩みを抱えています。
最初は少し借りてすぐ返すつもりだったのが気がつけば数百万円もの大金に膨らんでいて、
流石に今の収入だけでは返せなくなってしまいます。

 

毎日節約して、返済金額を絞り出してやっと返しても元金は全然減らないから、
気が重くなってしまいます。中には追い詰められて夜逃げや自殺なんて言う選択肢を
選んでしまう人も後をたちません。

 

日本国内でも年間自殺者数は3万人にも登るのですが、
殆どの場合金銭的な問題が多いようです。

 

しかし日本には借金があっても自己破産ができるし、任意整理や、民事再生なんて手段もあります。
あまりにも責任感が重くて生命保険を自分に掛けてその保険金を返済金額に回そうと
考える人もいますが、借金返済を目当てで保険に入った場合、契約から3年以上たってないと、
保険金は降りません。切羽詰まっている人はそういったことを考えないで
やってしまうので、まずは生きるという選択肢を残しておいて出来る限りの方法は取りましょう。

 

そのためには多重債務者がどうすれば負担を減らして借金から解放されるのか、
どんな方法があるのか常に情報収集をしておくことが大切です。
知らないで損した、知っておけばこんなことにならなかったということが、
世の中沢山あります。借金問題は特にそういうことが多いので、
インターネット環境も発達した現代社会では情報収集も楽にできるのだから
常にアンテナを張って生きていきましょう。

私は、以前は社用車で通勤していたのですが、今年度からは社用車で通勤するのが禁止になり、
代わりに電車の定期代で通勤費が支給される事になりました。私の通勤費は、定期代に換算すれ約3万円です。

 

この3月に初めて通勤費が支給された時、正直どうしようかと色々考えました。妻も仕事しているので
マイカーでの通勤は出来ないし、車をもう1台なんてとても余裕がなくて買えないし、結局安い中古の
電動スクーターを、貰った通勤費にちょっとプラスして購入し、出来るだけそれで通勤する事にしました。

 

しかし雨の日はスクーターに乗れないので、月の半分は行きは電車で行って帰りは妻に迎えに来てもらったり、
またスクーター代の事を考慮すれば、今回の通勤費はもう大損です。

 

貰った通勤費3万円は半年分です。迎えに来てもらうガソリン代が1日200円と行きの電車代が190円、合計390円とし、
それが月の半分とすれば、半年でその通勤費だけの金額がかかってしまうのです。即ち、電動バイクを買った約4万円の分だけ損している事になります。

 

あれからちょうど半年が経ったので、今月また通勤費が支給されます。しかし冬の間はスクーターには乗れないし、果たして元がとれるのはいつの事でしょうね。

 

通勤費が払えないと借金をするしかありません。多重債務というやつですね。色々借りると返済にこまるので任意整理すると
楽になれます。

 

 

 

続きを読む≫ 2014/09/19 12:42:19

こんにちは。僕は債務整理の案件を扱っている弁護士です。
日々、多重債務者たちと顔を突き合わせて相談に乗っているので、
彼らの切羽詰まった悩みは痛いほど理解しているつもりです。

 

債務整理には3つの方法がありますが。それぞれ意外に簡単にできるので、
好きな方法を選べばいいのではないでしょうか?

 

例えば、任意整理は簡単に言えば将来に渡る利息はカットしますから
全額返済してくださいよという方法ですね。まあ、利息って大体今は消費者金融で18%
くらい取られるわけだから、仮に借金が300万円あったとしたら、
1年で54万円も借金を減らすことが出来るということです。

 

これを長期間に渡りなくすというので返済計画によっては半額以下に減らせる可能性も出てきますね。
利息って債務者の人たちは軽く考えがちなのですが、結構重くて高額の借金になってくると
元金が全く減らなくなったリモアします。

 

そして、民事再生これは2つ目の方法です。これは利息をカットした上に借金を5分の1にまで減らせます。
でもまああまりにも高額だとこれでも返せない場合がありますね。

 

そうすると全額チャラに出来る自己破産に走るわけです。もう返済する必要も督促に怯えることも
なくなるわけです。

 

債務整理 バレない

続きを読む≫ 2014/08/29 17:29:29

夏の季節はますます暑くなってあせもどんどんかいてしまいます。
日差しも強いし直射日光はなるべく避けたいものですね。

 

メンズファション界もそんな僕らに対して新たな刺客を送ってきました。
それはレイバンのサングラスです。

 

やっぱりツーといえばカー、サングラスといえば、レイバンでしょう。
結構なお値段がするものですね。グラサン一つに3万円とは狂気の沙汰としか思えませんが、
これもオシャレのためですよ。

 

メンズファションを極めるためには一も二もなく勉強あるのみです。
それが僕らの生きる道なんちゃって(*ノω・*)テヘ

 

どんなレイバンがいいのか僕が伝授して差し上げようかね。
まずは、色は薄めの黒がいいと思うよ。
やっぱりサングラスなんだから日差しはシャットアウトして欲しいけど、

 

オシャレで付けるなら夜も付けられるものがいい。
そうなるとあまりぶらっくすぎるのは夜の中で見えなくなる可能性が否めないんだ。

 

それを考えて薄めのレイバンを選ぼう。
そして、コーディネートは裸にネクタイがいいね。
超クールでイカしてる感じだよ。

 

ボトムスにはあえて夏でもミリタリーのカーゴパンツだ。
もちろん丈はロングだよ。クロップドなんて男が着るものじゃないよ。

 

きれいめ メンズ

続きを読む≫ 2014/07/30 12:59:30

こんにちは。僕です。
いつも思うのですが、ニットベストって至高のアイテムではないでしょうか?
なぜならそれ一着でありとあらゆる着こなしやコーディネートが流行にとらわれず
オシャレに見えるからです。

 

例えば、僕の場合、ピーコートの上にニットベストを付けることがあります。
しかも真夏にです。

 

本来であれば真冬にアウターとして使うPコートなのですが、
ニットベストを取り合わせたコーディネートを使えば
あっという間にアウターとして機能してくれることになるのです。

 

これはちょっと考えられない機能をしているのだと思うのですが、いかがでしょう?
ニットベストって誰でも似合うのです。しかもカラーを変化させることで
オシャレにバリエーションを持たせることも出来るのです。

 

私の場合、レッドだけでもワインレッド、ダークレッドなど10種類も所有しています。
そしてイエロー、パープル、グリーン、ブラック、ホワイトなど、合わせると
なんと、49色以上の品揃えを誇ります。

 

こうすることで真夏にもPコートの上につけるのに似合う、ニットベストを
選ぶことが出来るのです。
それがニットベストが究極のアイテムだと言われる所以なのです。

 

続きを読む≫ 2014/07/15 18:13:15

やっぱりファッションモデルにもなるような人はナルシストです。自分がかなり格好良くてイケてる
と思わないとファッションモデルになろうとは思わないでしょう。
その場合、勘違いのケースと、自他ともに認めるイケメンでスタイリッシュな人のケースがあります。

 

自分の認識と世間の認識がズレていると笑われて恥をかくことになるでしょうね。
笑われたくなかったらファッションモデルなんて目指さない方が良いと思うならやめておいたほうが
無難でしょう。

 

分かっているとは思いますが、ファッションモデルにはファッションセンスは全く必要ありません。
普段着がどんなにダサくてもスタイルが良くてマスクがかっこ良ければモデルになることは出来ます。
モデルになるための努力はほとんど必要ありません。なぜなら遺伝と運で決まるからです。

 

ある意味宝くじみたいなもので、目指して頑張るようなものではありません。
もしファッションモデルになりたいと思うなら努力するのは時間のむだなのでやめておきましょう。
原宿でもぶらぶらしたりオーディションを受けて見たりするくらいはいいでしょうが、
それ以上の努力は無駄でしかありません。そうです。無駄無駄無駄無駄なのです。

 

結局は選ぶ側はスタイルの良さ、マスクの良さ以外に好みで選んでいるわけなので、
そんなデザイナーやファッション誌の編集者の好みなんて知り用がありませんし、
知ったところで顔を変えることは出来ませんから。

 

マネキン買い メンズ

続きを読む≫ 2014/07/04 09:29:04

こんにちは。はじめまして。
今、60歳の元会社経営者です。貿易関連の会社を経営していたのですが、バブルの頃は
大儲け出来ました。どのくらい収入が高かったのかというと、年収で3000万円です。
もちろんこれは役員報酬なので、法人の利益だともっとありました。

 

そのため、友人やら親戚やらが私にお金の無心をどんどんするようになってきました。
理由は様々んです。おやじが病気で手術代が必要だと言うやつや、母が介護で働けなくなったので、
介護費用が欲しいと言ったやつ、子供の学費が払えなくて退学させなくてはいけないと言った奴、
それから闇金に追われていて明日までに50万円返さないと殺されると言った奴まで色々いました。

 

その言い訳を鵜呑みにして次から次へとお金を貸していました。
高額債権者です。しかしこれだけ貸してあげたのに一円たりとも返ってきません。
もちろん借用書など作っていません。親切心から貸してあげたのでまさか踏み倒されるなんて
思ってもいませんでした。

 

これこそまさしく恩を仇で返すです。まさか自分が仇で返される側になるとは思いもよりませんでした。
その後会社がバブル崩壊と同時に倒産してしまいましたが、誰一人助けてくれませんでした。
世知辛いな人生はと思います。

 

旦那に内緒 債務整理

続きを読む≫ 2014/05/10 12:52:10

おすすめのメンズファッションコーディネートを紹介しましょう。
まずは靴下からここを疎かにしていてはコーディネートは始まりません。
メンズファッションの巨匠、ラロッカ・エルデモンドの名言に、メンズファッションは靴下に始まり、
靴下に終わるという言葉があります。

 

まず靴下をどうにかするのがメンズコーデのセオリーです。しかしあえてここはセオリーを外して
靴下は足袋にしましょう。5本指靴下でもいいのですが、より和のテイストを主張する形を
取り入れるのが2014年のトレンドでもあります。イケてるコーデはしっかりとトレンドも取り入れつつ、
自分の流儀を強調する姿勢が大切なんです。

 

それから靴は履きませんん。究極のコーデに靴は必要ないからです。
これは江戸時代のメンズファッションのリバイバルブームに乗っかる形ですね。
来年には江戸時代ファッションが大流行するはずなので今から先取りしておきましょう。

 

 

そしてインナーも何も付けずにライダースジャケットと蝶ネクタイをはめましょう。
これはアクセントとして差し色でイエローのライダースがベストです。
蝶ネクタイのカラーはビリジアンがいいでしょうね。
これが2014年の最高のメンズファッションコーデになります。

 

 

続きを読む≫ 2014/04/26 12:02:26

お金がないと不安に感じます。心も不安ですが、その心の作用が肉体にも出てきて、
疲れだったり、老化だったりしてきてます。こころもち白髪も増えてしまってやつれた表情で
実年齢より老けて観られる人も少なくないでしょう。

 

やはりお金が沢山あると未来への不安も軽減されます。どんなにたくさんお金があっても
困ることはありませんし、お金があっても不幸な人はいるなんて負け惜しみに近いことを
行っている人もいますが、そんなことは言い訳に過ぎません。自分が稼げないからといって、
お金持ちを否定しても仕方ありません。

 

自分で安心して過ごせる未来を勝ち取るために起業するしかないので、
リスクを背負って激戦の海に出て行く人もいます。世の中は根本的に弱肉強食なので、
買ったものが多くを手に入れ負けたものは搾取されます。その世界に身を置かないひとは、
強者の奴隷として使われ続けることになるのです。

 

借金返済 民事再生

続きを読む≫ 2014/04/07 10:14:07

消費者金融でで複数の会社に借金してしまった場合債務整理をしないで返すという選択肢も選べます。
そのばあい収入の中から切り詰めて返済出来ればいいのですが、そうでない場合、
収入を増やすしかありません。

 

そしてサラリーマンをやっている人は今の仕事で収入を増やすためには何年もかかってしまうので、
借金がどんどんその間に膨らんでいってしまいます。そうした場合、お金を返すために
仕事を増やすしかありません。サラリーマンであれば、夜に居酒屋やコンビニでバイト、
土日でも派遣で仕事をしていたりします。そうなってくると寝る時間が全く無くなります。

 

睡眠時間を削ることで何とか時間を捻出しているそうです。
もはや超人的な働き方が必要とされるわけです。楽しい仕事でも睡眠を削ればしんどいのに、
コンビニとか居酒屋とか一番きつい部類のしごとなので、相当大変です。
ここまで我慢できればどんな分野でも成果はだせるのに、なぜ借金地獄になっていまったのかと思います。

 

 

 

続きを読む≫ 2014/03/18 11:28:18

最近では司法試験が新制度に移ったことによって弁護士の数が欧米並みに増えてきました。
昔は司法試験というと狭き門で東大出身者でも5年以上浪人するのは当たり前と言われていました。
今はロースクールに行くお金とある程度の努力で昔ほど難関では無くなってきています。

 

しかし、試験は簡単にはなった反面、仕事を取るのが難しくなってきました。
日本は欧米程訴訟社会ではないため、弁護士の案件が限られていて、
弁護士数が増えると案件の奪い合いになってしまいます。

 

そんな状況に現れたのが債務整理案件です。貸金業法の改正により、
過払い金請求のニーズが出てきたため一時期弁護士の席では過払い金バブルなどと呼ばれていました。
今では新しく借りる人も貸銀業法の金利内なので過払い金の案件はどんどん減ってくるでしょう。
しかし債務整理のニーズは昔からあるので弁護士の先生たちも昔のように殿様商売ではなく、
しっかりとした対応をできる事務所も増えてきています。
我々相談者にとってはいい環境になってきていると言えるでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/03/18 11:27:18

ホーム RSS購読 サイトマップ