借金と弁護士

借金と弁護士

多重債務になると夜も寝れない

 

 

多重債務者は非常に大きな悩みを抱えています。
最初は少し借りてすぐ返すつもりだったのが気がつけば数百万円もの大金に膨らんでいて、
流石に今の収入だけでは返せなくなってしまいます。

 

毎日節約して、返済金額を絞り出してやっと返しても元金は全然減らないから、
気が重くなってしまいます。中には追い詰められて夜逃げや自殺なんて言う選択肢を
選んでしまう人も後をたちません。

 

日本国内でも年間自殺者数は3万人にも登るのですが、
殆どの場合金銭的な問題が多いようです。

 

しかし日本には借金があっても自己破産ができるし、任意整理や、民事再生なんて手段もあります。
あまりにも責任感が重くて生命保険を自分に掛けてその保険金を返済金額に回そうと
考える人もいますが、借金返済を目当てで保険に入った場合、契約から3年以上たってないと、
保険金は降りません。切羽詰まっている人はそういったことを考えないで
やってしまうので、まずは生きるという選択肢を残しておいて出来る限りの方法は取りましょう。

 

そのためには多重債務者がどうすれば負担を減らして借金から解放されるのか、
どんな方法があるのか常に情報収集をしておくことが大切です。
知らないで損した、知っておけばこんなことにならなかったということが、
世の中沢山あります。借金問題は特にそういうことが多いので、
インターネット環境も発達した現代社会では情報収集も楽にできるのだから
常にアンテナを張って生きていきましょう。

 

借金 弁護士 相談

お金がないと不安に感じます。心も不安ですが、その心の作用が肉体にも出てきて、
疲れだったり、老化だったりしてきてます。こころもち白髪も増えてしまってやつれた表情で
実年齢より老けて観られる人も少なくないでしょう。

 

やはりお金が沢山あると未来への不安も軽減されます。どんなにたくさんお金があっても
困ることはありませんし、お金があっても不幸な人はいるなんて負け惜しみに近いことを
行っている人もいますが、そんなことは言い訳に過ぎません。自分が稼げないからといって、
お金持ちを否定しても仕方ありません。

 

自分で安心して過ごせる未来を勝ち取るために起業するしかないので、
リスクを背負って激戦の海に出て行く人もいます。世の中は根本的に弱肉強食なので、
買ったものが多くを手に入れ負けたものは搾取されます。その世界に身を置かないひとは、
強者の奴隷として使われ続けることになるのです。

 

借金返済 民事再生

続きを読む≫ 2014/04/07 10:14:07

消費者金融でで複数の会社に借金してしまった場合債務整理をしないで返すという選択肢も選べます。
そのばあい収入の中から切り詰めて返済出来ればいいのですが、そうでない場合、
収入を増やすしかありません。

 

そしてサラリーマンをやっている人は今の仕事で収入を増やすためには何年もかかってしまうので、
借金がどんどんその間に膨らんでいってしまいます。そうした場合、お金を返すために
仕事を増やすしかありません。サラリーマンであれば、夜に居酒屋やコンビニでバイト、
土日でも派遣で仕事をしていたりします。そうなってくると寝る時間が全く無くなります。

 

睡眠時間を削ることで何とか時間を捻出しているそうです。
もはや超人的な働き方が必要とされるわけです。楽しい仕事でも睡眠を削ればしんどいのに、
コンビニとか居酒屋とか一番きつい部類のしごとなので、相当大変です。
ここまで我慢できればどんな分野でも成果はだせるのに、なぜ借金地獄になっていまったのかと思います。

 

メンズファッション通販

 

続きを読む≫ 2014/03/18 11:28:18

最近では司法試験が新制度に移ったことによって弁護士の数が欧米並みに増えてきました。
昔は司法試験というと狭き門で東大出身者でも5年以上浪人するのは当たり前と言われていました。
今はロースクールに行くお金とある程度の努力で昔ほど難関では無くなってきています。

 

しかし、試験は簡単にはなった反面、仕事を取るのが難しくなってきました。
日本は欧米程訴訟社会ではないため、弁護士の案件が限られていて、
弁護士数が増えると案件の奪い合いになってしまいます。

 

そんな状況に現れたのが債務整理案件です。貸金業法の改正により、
過払い金請求のニーズが出てきたため一時期弁護士の席では過払い金バブルなどと呼ばれていました。
今では新しく借りる人も貸銀業法の金利内なので過払い金の案件はどんどん減ってくるでしょう。
しかし債務整理のニーズは昔からあるので弁護士の先生たちも昔のように殿様商売ではなく、
しっかりとした対応をできる事務所も増えてきています。
我々相談者にとってはいい環境になってきていると言えるでしょう。

 

マネキン買い メンズファッション

続きを読む≫ 2014/03/18 11:27:18

お金を借りるだけ借りて自己破産してしまえば、ただでお金を手に入れられると
自己破産制度を悪用しようとしている人もいます。
そこまで行かなくても、借りているうちに返すのが少しキツくなったからって
安易に自己破産を考える人もいます。

 

確かに自己破産をすれば本人が借金を返す義務が無くなり一件、問題が全て解決されるかの
ように思えます。

 

しかし債務は完全にこの世から消滅するわけではありません。
自分にかかっている債務がある人に移されてしまいます。
そうです。連帯保証人です。

 

 

連帯保証人までなってくれる人というのは債務者にとって大切な人のはずです。
ちょっと仲の良い程度の友達では普通連帯保証人にまでなってくれることはありません。
相当な親友や親、兄弟、祖父母など自分にとって切っては切れない関係の人であることが殆どです。

 

自己破産をしてしまうとその債務が全て大切な人にのしかかる事になります。
生死を考えるほど苦しむ借金地獄を自分が借りたわけでもないのに味わわせてしまうことになるのです。

 

じゃあどうすればいいのかというと保証人も一緒に自己破産することです。
しかし、自分が借りたわけでもないのに自己破産なんてしたくありませんね。
なので余程のことがない限り自己破産なんて普通は出来ません。

 

他にも様々なデメリットというかペナルティのようなものもあるのですが、保証人の問題が
一番大きなネックになるでしょう。

 

自己破産を考え中なら早めに弁護に相談

続きを読む≫ 2014/03/18 11:25:18

親から一度は消費者金融の借金を肩代わりしてもらいましたが、
ポン太さんは更に借金を重ねていきました。
こうなってしまっては歯止めが効かないのが多重債務者のパターンです。

 

あっという間に各消費者金融のキャッシング枠が一杯になりました。
流石にもう、どんな顔をして親に会えばいいのか分からないポン太さんは
弁護士の先生に相談しました。

 

その時言われたのがギャンブルが原因の借金なので自己破産は難しいことと、
利息をストップしてもらいこれ以上借金が増えないようにする
任意整理という手段でした。

 

家族に内緒でやりたかったけど返済するためには働かなければなりません。
まだ大学3年生のポンタさんは学生のアルバイトしか出来ません。
やはり親に頼るしかないということで弁護士の先生と一緒に親に会いに行きました。

 

ポン太さんは涙を流して土下座しました。
今回ばかりは両親も開いた口が塞がらないようで、唖然としていました。
これで最後だと念を推し両親はポン太さんが就職するまで借金の肩代わりをしてくれました。
もうこれで同じことを繰り返すようなら親子の縁を切るとまで言われました。

 

つくづく自分はダメな人間だと自己嫌悪に襲われましたが、
やってしまったことは元には戻らないので
これから未来を見て生きていかなければなりません。
もう絶対にギャンブルには手を出さないと近い、なんとか再生の道へと歩みだしました。
未来有望な若者が人生を狂わせる借金ですが、借りるのは簡単ですが返すのは大変です。
ポン太さんはもっとどうなるか創造力を働かせる必要がありそうです。

 

債務整理 福岡 弁護士

続きを読む≫ 2014/02/28 08:52:28

大学生のポンタ(仮名)さんは毎日真面目に学校に通って普通に勉強をしていた
どこにでもいるような平凡な大学生です。
しかしある時友人に誘われて一緒にやったパチスロにハマり気がついたら負けを
取り戻すためにどんどん持ち金を投入していました。

 

毎回負けているのであればポンタさんも、つまらなくなり止められるのでしょうが、
時々大きな勝ちを拾えるのでその時の精神的な高揚感を忘れることが出来ずに
パチスロを止められなくなりました。

 

パチスロにハマりだしてからは大学の授業に出ることは無くなり、
朝からパチンコ店の行列に並ぶようになっていました。
そして負けると熱くなりついつい実家からの仕送りをつぎ込みました。

 

そのうち仕送りのお金だけでは足りなくなってしまい、
消費者金融からキャッシングをするようになりました。
最初は1万円程つまむ程度ですぐ返せると思いましたが、
思いの外、負けが混んでくると無くなるのが早くなり、
徐々にお金を借りる感覚も麻痺しだしてきました。

 

そして実家にも仕送りが足りないとお金を請求して返済金とパチンコに回していました。
気がついたら借金も膨らんでいてもはや学生であるポン太さんに払える金額ではありませんでした。
親からの仕送りも全てつぎ込んでしまったため来月の家賃にも困る状態になってしまいました。

 

そしてポン太さんはどうしようもなくなり、実家の親に正直に話して
借金の肩代わりをしてもらいました。その金額は210万円でした。
泣きながら親に土下座するポン太さん。そして烈火のごとく起こる父親。
となりで泣く母親。まさに修羅場と言っていいでしょう。

 

そのご心を入れ替えたと思いきや2ヶ月パチスロを我慢したポン太さんは
ふと心に隙ができて少しぐらいならいいかと思ってしまい
また転落人生を歩んでしまいました。

 

春メンズファッション

続きを読む≫ 2014/02/28 08:51:28

ホーム RSS購読 サイトマップ